JUKI産機テクノロジー株式会社

ご挨拶・経営/品質/環境方針

ご挨拶

JUKI産機テクノロジー株式会社は、JUKI電子工業株式会社、JUKI吉野工業株式会社、JUKI秋田精密株式会社の経営統合により、2017年7月1日に誕生しました。JUKIグループのさらなる連携強化と事業拡大を目指したこのたびの統合により、三社の固有技術の融合が一層加速することで、お客様へより高品質な商品の提供を実現していく所存です。
1973年の創業以来、当社は一貫して「ものづくり」を社業の中心に据えて取り組んできました。市場ニーズを製造現場で形にする徹底した「現場主義」の下、1ミクロン単位の精度、千分の1秒単位の制御が必要なマウンタを含む産業機器で培った高い技術と製造ノウハウを蓄積してまいりました。そしてそれらを結集することで、お客様のご相談を受けてからの開発、設計、部品調達、加工、完成品組立、出荷の全てを行うワンストップソリューションをご提供しています。
近年、「ものづくり」の姿は世界的規模で変貌しています。ICTやビッグデータ、ロボット化、グローバル化の波は抗い難い力を持って製造現場に広がり、従来の常識は覆され、競争が激化すると共に次世代のビジネスモデルを模索する動きが加速しています。
このような環境の中、当社はJUKI株式会社のコーポレートスローガン「Mind & Technology(心の通う技術)」を道しるべとして、下記の経営基本方針を掲げて変革の時代に立ち向かっていきます。

現場力、技術力、実行力で
お客様の「想い」や「願い」を形に

  • 現場力――会社全体を「現場」とし、お客様との全ての接点で満足頂け、かつ高いパフォーマンスを行う。
  • 技術力――新たな技術に挑戦して獲得し、お客様に提供する価値を最大化する。
  • 実行力――戦略を立てて具体的に考え・行動し、一人ひとりの努力によって確実に達成する。

この3つの力によって、お客様の「想い」や「願い」を価値ある形に具現化し、市場に感動を与えていくのが私たちの使命と考えています。
今後とも皆様方の一層のご指導とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 髙橋 喜久雄

代表取締役社長
髙橋 喜久雄

経営基本方針

現場力、技術力、実行力でお客様の「想い」や「願い」を形に

品質基本方針

お客様の期待を超える品質と品質リスク回避によるものづくり

環境方針

当社は、JUKI株式会社のグループ会社として、JUKIグループ「ECO MIND 宣言」に基づいた環境保全活動を推進するとともに環境マネジメントシステムの改善を図ります。

JUKI株式会社 ECO MIND宣言はこちら

http://www.juki.co.jp/eco/2_ecomind.html